育児の話題

息子が甘えん坊すぎるのは10カ月も入ってたこの体に愛着があるからなのかもしれない

 

うちの息子はびっくりするくらいベタベタしてくるし、頻繁にまとわりついてくるし、髪ひっぱってくるし抱き着いてくるしちゅーもしてくる(せがむ)くらい甘えん坊です。

他の人から見れば微笑ましい光景でも、甘えられている私からしてみたら四六時中これは鬱陶しいのです。

鬱陶しいというかもうちょっと離れてくれと。

四六時中それは疲れるしもうちょっと抑えてくれと思うわけですが、息子にお願いしてもその時は「わかった!」と言うのに5秒後にはやっぱり同じように甘えてくるのです。

 

息子の甘えん坊に悩むのは私だけではありません。

「息子 甘えん坊」

で検索🔎してみると、出てくる出てくる男の子ママの「こんなに甘えん坊なのはおかしいのでしょうか?!どうしたらいいですか?!」という悩みの数々。

 

そしてお決まりの

 

「今だけだから」

「男の子はそんなもんだから」

 

このアドバイス。

いや、わかるけどさ、わかるけど。

今だけだろうし男の子はそんなもんなのかもしれないけれど、そんなもんという理由でひねくれた私の心は納得できなかったのでなんとか納得できる答えをひねり出してみました。

 

それがタイトルにある

 

「息子が甘えん坊すぎるのは10カ月も入ってたこの体に愛着があるからなのかもしれない」

 

という答えになります。

考えたけどこれくらいしか出なかった。

 

10か月も同じものと触れ合えばそりゃ私だって愛着わくし執着するわ

10か月も同じものと触れ合えば、私だって愛着わきますし執着します。

例えばこの間買ったダイソーの1,000円ぬいぐるみ、くまちゃんは私の肘置き、抱き枕としても大活躍しているのですが2カ月ほどしか一緒に居ないのにこのくまちゃんは誰にも渡したくない”私のくまちゃん”なのです。

四六時中くまちゃんと一緒にいるわけじゃないのにこうなっている私ですから、10か月も同じ体の中で過ごしていれば「これはぼくのもの!」とベタベタしたくなるのも仕方ない、そう考えると楽になりました。

ベタベタ甘えてくる息子もなんだか仕方ないなと思えてきます。

確かにこの体は私だけのものではあるけれど、一時期息子にとって私の体は自分だけのお部屋だったわけですから、離れがたいのでしょう。

 

ママが大好きだから一緒に居たいだけ、というのもわかる

私がこんな話するとそんなこじつけしなくても、ママが大好きだから一緒に居たいだけでしょって思う人もいるかもなあ、と思うんですけど、私も実際小さなころはそうだったのですが、いかんせん毒親気味の親に育てられていますから「ママが大好きだから一緒に居たいだけ」という気持ちをわかるのにわかりたくない自分がいるんですよね。

理由付けが欲しい。

「ママが大好きだから」と考えるだけでざわつく心を落ち着けるために無理に考えた理由と自分でもわかっているのでご容赦ください。

 

育児は自分の心を追い詰めない方法を模索することが大切

育児って理不尽なことが多いし、自分も理不尽になることもあります。

色んな人が色んな現場で悩みながら育児しているもんなんですよね。

だから答えも一つというわけにはいかないので、自分の心を追い詰めない方法を模索しながらやっていくのが大切なんだろうなと最近思います。

私は、「息子が甘えん坊すぎるのは10カ月も入ってたこの体に愛着があるからなのかもしれない」という理由を探して心を納得させることで自分を追い詰めない心の環境づくりをしたんですけど、こういった自分が辛くならない気の持ちようが足りないと爆発しちゃうから、自分をも大切にするためにもモヤモヤしたらこれからも積極的に理由付けしていきたいです。

-育児の話題

Copyright© ハニちゃんランド , 2020 All Rights Reserved.