ライティング環境

MicrosoftOfficeClick-to-Runでディスク100%!1分以内で改善する方法

PC起動時、スリープモードからの回復時にPCが重いと感じたことはありませんか?

PCが重い原因はタスクマネージャーを開けばある程度明らかになります。

今回、MicrosoftOfficeClick-to-Runが私のPCで悪さをしていたので1分でできる改善方法を紹介します。

MicrosoftOfficeClick-to-Runとは更新チェックプログラム

調べたところMicrosoftOfficeClick-to-Runというのは更新チェックプログラムのよう。

とはいえ、更新チェックプログラムのくせに常駐&ディスクをめっちゃ使い続けるのは正直やめてほしいです。笑

消すことはできないとのことなんで、消さずに改善がベター。

ちなみにタスクマネージャーから「タスクの終了」を選択してもディスク改善することはなかったこともココに報告しておきます。

1分でできるMicrosoftOfficeClick-to-Runの暴走を改善する方法

step
1
設定を開く

設定を開きます。だいたいスタートメニューのところにあるんじゃないかな?ないですか?左の電源ボタンの上あたりの歯車みたいなアイコンです。

step
2
アプリを押す

設定の中のアプリを押します。押すとなんかいろいろあります。その中のアプリと機能を選択。

step
3
下の方にあるMicrosoftOfficeClick-to-Runに関係ありそうなアプリをクリック⇒変更を押す

場合によってはMicrosoftOffice365-ja-jpという名前のこともあるようですが、名前が違っても大体これだ!とわかるはずです。違うやつは変更ボタンが出てきません。とりあえず変更を押すと「変更しても良い?」みたいなポップアップが出て来るんで「いいよ!」と返事しておきます。

step
4
再起動

再起動してタスクマネージャーを見てみましょう。

100%だったのに変更後はMicrosoftOfficeClick-to-Runが起動していてもディスク100になっていません!やったね!お疲れ様でした!

ライティングするなら最初からストレスフリーじゃないと疲れちゃうよ

ライティングって簡単ですけどストレスがかかるほど書き続けられる時間が減るんですよね。

ストレスフリーなら5時間書き続けてもいけるのに、ストレスがある状態だと2時間もたないこともありますから、できるだけストレスはない方が良いのです。

パソコンのストレスは消せるだけ消す!⊂ ´⌒つ゚Д゚)つ□)) ゴシゴシ

良い環境で良い記事書いていきましょう!

-ライティング環境

Copyright© ハニちゃんランド , 2021 All Rights Reserved.