コード

【WordPress】テーマのフォルダに飛ばすコード

2021年9月18日

例えば画像を表示させたいときに、どこのどのフォルダのどのアイテムだよって指定すると思いますが、正直URLを全部いちいち記載するのだるいじゃないですか。

そんな時に便利なコードです。

親テーマで使うコードと子テーマで使うコードが違うのでここだけちょっと注意が必要です。

親テーマで使うコード

例えば画像を表示させたいときに、imagesのフォルダにあるlogo.pngを表示させてほしいと考えたとします。

その時にこう記述しても↓

これだと表示されません。

imagesというフォルダがあってもなんでか表示されない!のは、imagesまでの道がわからないよと迷子になっちゃって結局見つけられず非表示になっちゃっているわけですね。

なのでテーマのフォルダ内にあるから!というわけで、「<?php echo get_template_directory_uri(); ?>」を使うわけです。

●使用例

この時に気を付けたいのが「/」スラッシュ!

フォルダ前にスラッシュつけないと表示されずに困りますのでお気を付けを。

子テーマで使うコード

親テーマでは表示されたコードでも子テーマで使うと表示されないということはままありますが、こちらもその一種。

何で表示されないかというと、親テーマで使ったコードは親テーマを指定するコードだからです。

なので子テーマではこっち使ってください。

 

Follow me!

-コード

PAGE TOP

Copyright© かたちカンパニー , 2021 All Rights Reserved.